南区・六ッ川教室のペガサスは親身な学習指導をモットーに、完全個別指導サービスを展開中

学習塾ペガサスではコンピューターの利点を最大限に活用して「書く・解く・繰り返す」を徹底的に行い、学力を向上させます!

認知症予防にパソコンが効果的だ!!

パソコンを使って
指先を使ったり
パズルなどで考えたり
することで

認知症に効果があることが
下記のサイトに載っています

http://ninchisho-yobou.com/pc1.html

ペガサスは、昼の隙間時間に、ネットビジネス勉強会を開いています。
勉強会ですので、無料です。

パソコンを用いた認知症予防を
この機会に活用して見てください。


ちょっと。興味がわいた
あなた

どうぞ
この勉強会にお立ち寄りください。

開店日は基本平日10:00-15:00 です。

用事があってお休みするかもしれません

電話 045-711-4805 にご確認してください。

ちょっと立ち寄てみて、電気がついてたらどうぞお入りください。



認知症予防ガイド
サイトの内容はこちらです

http://ninchisho-yobou.com/pc1.html

認知症予防ガイド
大好きな祖母のために、認知症予防の勉強をしています。
サイトマップ
運営者情報


認知症予防ガイド > 認知症予防の方法(日常生活) >
パソコンを用いた認知症予防 ブックマーク数
パソコンを用いた認知症予防をご存知ですか?

指先を使うと、脳に良い刺激を与えるということをご存知でしたか?
指は脳と神経が繋がっています。
つまり、指を動かすのは脳に直接刺激を与えると考えられるのです。

パソコンは指先を使うことがとても多く、文字を入力したり
、クリックしたりする行為には必ず指先を使います。
パソコンは認知症予防にぴったりですね。

パソコンに興味を持ってみる
今は一家に一台パソコンがあるのが普通になってきています。

パソコンさえあれば、ありとあらゆる情報を簡単に入手出来ます。
また、情報以外にも、年賀状作りやお買い物も可能なので、とても便利ですね。
パソコンが傍にあるだけで色々なことが行えるため、
パソコンを利用している高齢者が増えてきています。

一方で、中には「パソコンなんて難しそうだし、なにより年寄りだから使い方を覚えるのが大変そう」と思う人も少なくありません。
私も、祖母にパソコンを使ってみるように勧めてみましたが、
「パソコンの操作を学ぶのが大変だから遠慮しとくわ」と言われてしまいました。


確かに、高齢者にとってパソコンのような機械類には敬遠してしまいがちです。私自身も、昔は機械類が全般的に苦手で、パソコンが使えなかった時期がありました。
しかし、先生や親からの教えもあって、最近になってようやく人並みに使えるようになってきたのです。

パソコンを使いこなせる今では、普段の生活に欠かせない存在となっています。
大学の宿題をしたり、勉強したりするときにもパソコンからの情報は必要不可欠です。パソコンに抵抗感がある人も自分の視野を広げるという意味でも、パソコンを始めてみることをおすすめします。

高齢者でもパソコンを気軽に使える時代に
誰もが最初はパソコンの使用が複雑そうだと感じて敬遠しがちになってしまうかもしれません。
しかし、最近では、高齢者向けのパソコン講座やテキストなどがたくさん発売されています。

また、地域の高齢者を集めてパソコンクラブを開いたりする活動も行われているのです。
パソコンクラブなどに入れば、パソコンを習うだけでなくクラブの仲間との交流を深められます。

高齢者がパソコンに関わることで、色んな出会いや趣味を持つことが出来るのです。
パソコンを始めれば、子どもや孫と一緒にネットやメールも楽しめますよね。

今は、高齢者でも気軽にパソコンに触れられる時代となりました。
高齢者でも気軽にパソコンに触れられるような環境作りがなされているため、
そういった機会を活用してはいかがでしょうか。

育脳教室

育脳教室が 週2回となりました。
毎週月・木曜日15:30 〜 17:30分の90分授業
受講料 週1回 月4回 6000円(育脳トライアル教材含む税込額)      週2回 月8回 11000円(育脳トライアル教材含む税込額)
月・木曜日 無料体験やってます。 電話申込 711-4805

育脳トライアル

お父さんお母さんに読んで頂きたい、

子どもたちに関する情報です。

『育脳』と『育悩トライアル』ってなに!

 これを読んで頂くと、お父さんお母さんの『勉強』や『教育』に対する

 考え方が変わります!


 『育脳のゴールは?』

「脳の持てる力を存分に発揮し、社会で活躍して充実した人生

 を送る子供を育てること」にあります。

  育脳に重要な時期は4歳(年中)〜9歳(小学4年)とされています。


『空間認知脳を鍛えよう』

 空間の中で位置や形などを認識する、

時間の長さを把握するなどの能力に関わります。

  これらが鍛えられていないと、脳の才能を十分に発揮できません。

  空間認知脳は脳の機能全体に関わるものです。


『自己報酬神経群とは?』

 脳の機能を高めるのに重要で、育脳のカギとなる部位です。

自己報酬神経群はその名の通り、

 「自分への報酬=ごほうび」により機能します。

ここでいう「ごほうび」とは

    『自分でやろうと決めたことを成し遂げること』です。

「やりたい」と自主性・主体性をもったときに、
   
   脳の思考力や記憶力が高まります。


『育悩トライアルは』

子どもたちが「やりたい」と自主的に取り組むペガサスで
 
  使用している教材の一つです。

子どもたちの知的好奇心を刺激するような切り口で

  各教科の基礎や育脳に重要な「空間認知脳」を鍛える

点描写 ( 空間認知脳を鍛え、図形問題理解に大きく向上します)etc.

  問題で構成されています。

また答えが一つでない問題や、
 
  自分の考えを述べる問題で「想像力」・「思考力」・「発想力」も

   鍛えます。


『時間は資源だ』

育脳トライアルは1ページごとにタイムを計ります。

これは短時間で問題を解けるようにしますが、
 
  他にも「時間的感覚をつける」という大きな意味合いがあります。

  時間的感覚があり、時間を大切に出来る人は社会に出てから

  活躍できる人間になります。

  「あと5分あるからあとこれだけは出来る」

     と考える子と、

  「もう5分しかない」とあきらめる子には

   とても大きな差が生まれます。


『子どもは本来勉強好き』

「勉強しなさい」の一言は子供を一番勉強嫌いにさせる言葉です。

子どもたちは本来「知ること」や「分かること」が大好きです。

勉強嫌いにさせない為に、まず「読み・書き・計算」を

  しっかり身につける必要があり、

「育脳トライアル」が 大きな役割を発揮します。


『今の若者の現状』

ある調査機関が一般企業を対象にした調査では、

     大学の新卒者を10人採用して使い物になる人材は

  たった1人だというのです。 最近の若者の傾向は
 
「指示されないと動けない」

  「指示されてもやり方を教えてもらわなければ出来ない」

  「分からないことは考えずにすぐに聞こうとする」・・
 
  ・といったことが挙げられるそうです。

  しかし、これは若者が悪いのではなく日本の教育方法が悪いのです。

 
何でも教え過ぎることで、「考える習慣」が身につかず、
 
   何でも聞けばいいと思っているのです。


『社会で必要とされている人材』

社会では懇切丁寧に教えてくれませんし、
 
  何より答えのない課題ばかりです。

  これからの社会で必要な人材は「自ら考え、行動できる人」だといえます。
 

JUKUペガサス 六ッ川教室はそのような「人材育成」への

           第一歩を踏み出しています。

 
子どもたちの目がキラキラと輝き自ら学習に向かうようになる

  JUKUを目指しています。

ペガサス育脳寺子屋の理念

ペガサス育脳教室

『社会に出てから活躍できる子を
育てたい』と考えています。

その為に「知識」より「知恵」を
身につけてあげたいと思っています。



今は
「高学歴でも仕事ができない」
「指示されないと
  動くことができない」
人が多いと言われています。

それは試験で点数を取る為の
暗記型の勉強を
ずっと続けてきた為
知識はあるのですが、

試験範囲もなく
決まった正解もない社会に
出てからつまづくからなのです。



 そこで、答えが一つではない
育脳トライアルや
積み木・ブロックなどを通して
楽しみながら
「考える力=知恵」を
身に付けてあげるのが
ペガサス育脳寺子屋教育なのです。



やっぱり「ハイ!」はいいなぁ…

 すでに懐かしいテレビドラマになってしまいましたが、
「三年B組金八先生」で先生が生徒達に

「人という字は、人は一人では生きていけない、
   人は支えあって生きるものであることを表している」
と言っていました。



 人は一人では生きていけません。

そして一人では生きていけない人は他の人に対していつでも
「謙虚」でなければなりません。

他の人に対し「謙虚」であるためには

他の人を認め他の人の話をしっかり聞かなければいけません。

 他の人の話していることが正しいと思ったら

素直に大きな声で君は「ハイ!」と返事をしてほしいのです。

大きな声で「ハイ!」と返事することは

    少しも恥ずかしいことでもカッコ悪いことでもありません。

 君の大きな声での「ハイ!」の返事と笑顔は私の宝物です。

    やっぱり「ハイ!」はいいなぁ…。


そしていつでも 君たちが希望の星である!

 今、この国にも君たち自身にも
大きな変化の波が押し寄せています。

その大きな変化の波はいつでも君たちを
幸福にするとは限りません。

 大きな変化に苦しむ人、取り残される人が出てくるのは、
いつの時代でも 同じことかもしれません。



でも大切なことは、どれだけ大きな変化の波が押し寄せても、
人にとって大切なものはなにも変わらないということです。

 他者を思いやる優しさとその優しさを持ち続けられる
強さはどんな時でも一番大切なものであり、
それをなくしてしまうこと以上に不幸なことはありません。

 大きな変化の波を勇気を持って受け止め、
それを希望に変えていくことが君たちの仕事です。


 いつでも、君たちが希望の星であり

         君たちが未来を創るのです。


今日の語録

「希望は人を成功に導く信仰です。

    希望なしには何事もできません」

「人生とは、興奮に満ちている仕事のこと。

    最も興奮するのは、他人の為に生きるとき」

     ヘレン・ケラー語録より

ペガサスの授業は?



●ペガサス六ッ川教室では、

自律自立できる人となり
社会に出て貢献できる大人になります。
カリキュラムとして、
「育脳寺子屋」  小学1-4  自律自立学習ができるようになります。
「ことばの学校」 小学1-中学2 読書好きになり、語彙力がアップします。
「ペガサス授業」 小学4-中学3 自立学習で勉強ができるようになります。
で学習を行っています。



●育脳寺子屋とは「進学のための勉強」ではなく、

「自ら考え行動できる子を育てる」といったコンセプトで、
右脳左脳で考えて答えを出す授業です。
小学校1年〜4年生までに
このカリキュラムを学習することにより、
その後の自立自律学習につながります。
 時間を限定し、毎週 月or木曜日 
 15:00〜17:00 (5人限定)で開講しています。
 一回の授業90分 月4回 授業料5,000円です 



●ことばの学校は、すべての学習につながる国語力を

読書することで高めていきます。
年長さんから中学生に 良書多読、速聴読を通じて、
中学・高校・大学受験にも対応できる
「ことば力」「表現力」「速読力」が自然
に鍛えられます。
 時間を限定し、毎週 火or木曜日
 15:00〜17:00 (5人限定)で開講しています。
 一回の授業50分 月4回授業料 6,000円です

●小学校5年生以降は、個人指導の「ペガサス授業」により

最新の学習ソフトで「学力の穴」を埋めて
基礎学力を大きくアップします。

一回の授業60分 月4回 6,000円です   
     90分 月4回 9,000円です
授業の選択はそれぞれのカリキュラムを選択していただきます
併用,箸靴董悵蘿昌子屋』と『ことばの学校』を選択
併用△箸靴董悒撻サス』と『ことばの学校』を選択 
も可能です。

まずは無料体験にお越しください。
電話番号 711-4805 です! ( ^)o(^ )

始める人になろう

 春夏秋冬、一つの季節が終われば新しい季節が始まります。

暑い夏が永遠に続くわけではありません。
夏の終わりは秋の始まりなのです。



 一つの別れが、また新しい一つの出会いにつながるように、
終わりにはいつでも新しい始まりでもあります。

 君たちの人生は終わりと始まりに満ちています。
だから、いつでも君たちは「始める人」でいてください。




新しい自分の姿、よりよい自分の姿を追い求めること、
毎日新鮮な気持ちで新しい朝を迎えることが一番大切なことです。
今日この時こそが新しい君への第一歩なのです。

 夏休みが終わったら、新しい君を始めてください。
向上心を持ち続けられる人は
いつでもどこからでも始められるひとです。
 今日も胸に希望をいっぱいつめ込んで、君たちは始める人になろう!






今日の語録

「幸福な家庭の顔は
 
  お互い似かよっているが、
 
      不幸な家庭の顔はどれもこれも違っている」

    レフ・トルストイ語録 より


誕生日

佳美先生の誕生日 おめでとう!!(^^)

フレンチで食事です。

他者や社会への貢献がより良い人生を形づくる

イタリア心理学者チクセントミハイ博士が

某大学の卒業式の記念講演での要旨です。


人は、

他者や社会への貢献がより良い人生を形づくる

と言っています。


そのためには、どうすればいいのか

自分の強みを持つ こと


一点目は


『汝自身を知れ』です

 




自分自身を知ることで

日常生活で自分らしく輝くことができるのです。


二点目は


『自分の強みを持つ』こと



自分を理解した次は 

自身の強みを伸ばして行くこと

強みとは、優れた音楽センスや身体能力などですが

多くの人は、その強みに気付いていません

それは

「責任の欠如」 からくるものです。

つまり

自分の人生や社会に対する責任感が、

自らの強みを伸ばしていく力となります。

また、

「強みを生かしていく機会を見つけること」

も重要です

仕事もそうですが、

友人関係なども、

強みを生かす機会を見つけることに繋がります。


三点目は

『何ごとにもベストを尽くす』 ことです。

夢合宿 三浦ふれあいの村



2016.夢合宿開催

今年の開催は
 4月29日(金) 〜 5月1日(日)に決定

夢合宿の取り組みは

「夢を発見した子は自ら学習を始める。」

この奇跡のような現象をもっと多くの子どもたちに
広げていくために、夢合宿プロジェクトは
発足しました。

子どもたちが今を大事に一歩一歩進み、
そして将来夢を叶えた子どもたちが、
今度は他の誰かの夢を叶えてあげる側に
回っていくような

「夢をベースにした人材育成のサイクル」

ができること。

そして元気な日本へとつながるプロジェクトを
目指しています。

そのために、まずはこの夢合宿では子どもたちが
自分の夢を見つけ、発表する機会とすること
を目的としています

今回も、たくさんの夢を見つけに旅立ちましょう

参加申し込み中です。(2月末まで早期割引あります)

ドリームキャンプ

7月31-8月3日 ドリームキャンプ
最高に楽しかったキャンプでした。
参加者みなさんに来年もお会いできることを楽しみにしています。
ありがとうございました。\(^o^)/

27年7月・8年目の第一歩を踏み出します

ペガサス六ッ川教室は、27年6月に満7年を達成いたしました。
皆様のおかげでございます。
応援ありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

今月8年目の第一歩を踏み出します。
更なる、子どもたちの成長を願い、『ことばの学校』を開講いたします。
本離れのお子様に、小説の音読を聞きながら、黙読して最後まで読み切るよう、しっかりサポートしていきます。
年2回語彙力のテストを受けて、成長の結果を確認できます。
ご期待ください。

遊びすぎちゃった夏休み 生徒募集

まだ間に合う!?

始めるのに『遅すぎる』なんてない!

最高の夏休みにするために

今すぐ始めよう!


ペガサス六ッ川教室へ 
電話 711-4805
携帯 090−3690-1163 担当ヌクイ まで


君の夏休み 怠けていませんか??

君の夏休みを点検しよう!!

時間を大切にしていますか?
  今年の夏休みは、君の人生にただ一度の夏休みです。
  時間を大切にしてください。

誘惑に負けていませんか?
  自分を見失いそのばの安易な雰囲気に流されることがあります。
  誘惑に負けないでください。

目標を忘れていませんか?
  夏休みの目標を達成することが次の目標につながります。
  目標を忘れないでください。

       学習相談をいつでもお受けしています。

お父さん、お母さんのための学習教室

●お父さん、お母さんのための学習室●

目標達成のしかた

  気持ちが改まり、挑戦したいことや達成したいことが次々と頭に浮かんでく 
  る新年。

  その一方で「去年の目標はどうなったのだっけ?」と振り返る方も少なくな  
  いのではないでしょうか。

  そこで、今回はお子さん向けの目標達成のポイントをご紹介したいと思いま   
  す。


《ポイント1:頑張ればできる目標を立てること》


  目標を立てるとなると、「テストで100点をとる」や「全国大会で優勝する」

  というような大きなことを言ってしまいがち。しかし、あまりにも現状と離  
  れ過ぎた目標を立てると、かえってやる気を失う可能性があります。

  それを防ぐには、頑張ればできるかもと思える目標値にすることが有効で  
  す。「50点だったテストで60点を取る」や「自主練習を毎日30分する」な   
  ど、お子さんがこれならできるかもと思えるように設定することで、達成の 
  可能性と頻度が増えてやる気を高めることができます。


《ポイント2:プロセスを大切にすること》


  目標が達成できたかできなかったかという結果だけを見るのではなく、目標 
  に向かってきちんと努力できたか、何をしたから成果に繋がったかを考えさ 
  せることが大切です。

  たまたま得られた結果だけに注目しても、目標を設定することの効用には繋 
  がりません。
 
  少しずつ成長を積み重ねていることをお子さん自身が感じることができる。  
  そこに焦点を当てることで、よりモチベーションを上げることができます。


《ポイント3:見えるようにする》


  勉強・部活・遊びに忙しいお子さんにとって、心の中にとどめるだけで意識 
  し続けるというのは難しいものです。せっかく立てた目標も、忘れてしまっ 
  ては水の泡。

  まずは紙に書き出し、目のつく場所に貼り出すことでいつも目に見えるよう  
  にしましょう。

  勉強机の周りやお手洗いのドアなど、毎日必ず目をやる場所に目標を掲げ、
  
  意識するようにすることが大切です。


  以上の3つのポイントを参考にして、是非お子さん

  に目標設定のアドバイスをしてあげてくださいね。

勉強の悩みは、塾長の貫井昭茂にお任せ下さい!

「子どもが勉強しない!」
「うちの子、勉強の習慣がないんです・・・」
「中間(期末)テストの結果が悪かった・・・」

みなさまは、このようなお悩みはないですか?
どうやら、最近は人から教えられないと物事を深く・正しく理解できない子どもが増えているようです。教え込み教育の弊害なのかもしれません。

当塾では、「本当の学力って何だろう?」「学ぶってどういうことだろう?」
という純粋な問いのもと、これまでの私の人生経験に照らし合わせながら「子どもたちの自ら学ぶ」姿勢を育み、子ども自身に備わる本当の「集中力」と「学力」を引き出す教育を行っています。

自立学習の重要性

ペガサス 六ッ川教室 塾長 貫井 昭茂

学習塾ペガサス 完全個別指導 全国展開 総務省 ICT 習熟度マップ 無料体験学習 個別説明会 随時開催中
お知らせ